ひじの黒ずみはどうやって治す?

ひじの黒ずみって一度気になりだすと、かなり気になってしまいますよね。黒ずみの原因は、紫外線や摩擦によるものです。ひじやひざだけが黒ずみやすいという場合には、紫外線の影響も考えられますが、摩擦による黒ずみという要素も大きいと思います。洋服で擦れる摩擦もありますし、つい、無意識に頬杖を付くというようなことでもひじの肌に悪影響を及ぼしているのです。ひじに触ってみると、硬くてガサガサしていると感じる女性は、摩擦が著しい証拠です。肌が乾燥や刺激から自分を守ろうと角質を硬くしていることが考えられますので、なるべく頬杖を付くなどの肘への負担になる癖はなくすようにしましょう。ひじの黒ずみを治すためには、余分な角質を落として保湿をしてお肌の生まれ変わりである新陳代謝を活発にするというのが大切です。ひじの余分な角質を落とすためには、ピーリングが有効です。ピーリングジェルは、顔用の商品が販売されていますので、顔をピーリングする際に一緒にひじやひざもピーリングするというのがオススメです。お風呂上りには、ワセリン、シアバター等で集中的に保湿をしてひじが柔らかい状態を保てるように十分に保湿を行いましょう。

ひじの黒ずみの消し方